さそり座、クルマエビ星雲と北の宝石箱

明け方の祈りの前にカメラをセットして、祈り終わった後に回収するというパターンで撮影しています。

今回は、さそり座の腹部から尾の付け根付近にある星雲・星団です。天の川の中にありますので、微光星がいっぱいです。(マウスを重ねると、説明が出ます)

さそり座、ζ星付近


赤い星雲(IC4628)は海外で"Prawn Nebula"と呼ばれ、「クルマエビ星雲」と訳されることが多いのですが、爪の大きなロブスターのイメージだと思います。
ζ星のすぐ上の星団(C76-NGC6231)は「北の宝石箱」と呼ばれます。みなみじゅうじ座の「宝石箱」と対比した呼び方のようです。
もっと拡大してじっくりと撮りたい、魅力的な領域です。

神様は偉大な芸術家です。

RAPTブログはこちらです。
https://rapt-neo.com

ニュースサイト RAPT理論+α はこちらです。
https://rapt-plusalpha.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。